明治150年記念講演&シンポジウム ~ 西陣の近代化

明治織物

明治150年記念講演&シンポジウム ~ 西陣の近代化

2018年は明治改元から150年。大転換期を迎えた京都経済のなかで、洋式織技術の導入など「明治」は西陣近代化の原点であり、わが国織物業の夜明けといっても過言ではない時期です。

こういった大きな節目にあたり、先人の偉業をふり返りあらたな明日の飛躍を展望する一助として、記念講演とシンポジウムを開催します。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

 

と  き : 平成30年 3月 3日 (土) 14:30~16:45

ところ : 西陣織会館  7階 議場会議室    京都市上京区堀川通り今出川南入ル

 

記念講演   「京都の伝統産業と街~近代150年の歴史から学ぶ」

 講師 : 京都大学大学院経済学部教授 岡田知弘先生

 

記念シンポジウム  「西陣・明治の偉業を伝えつなぐ」

 【パネラー】

 天明年間創業230年の西陣機業

  • 服部織物株式会社代表取締役 服部 正毅氏

 

明治期より万博等内外の博覧会に出展

  • 株式会社川島織物セルコン 織物文化館館長  辻本 憲志氏

 

次代を担うがんばる女性織物職人

  • 西陣絣(かすり)加工職人  葛西 郁子さん

 

   【コーディネーター】

  ●  京都大学大学院経済学部教授 岡田知弘先生

 

☐ 主催  : 京都府・西陣織工業組合    ☐ 定員 :  70名

(お問い合わせ)                                                                                                                    西陣織工業組合 ☎(075)432-6131    ✉ info@nishijin.jp  

                                                                     バッタン3人渡仏写真木製ジャカード