西陣織とは

西陣織とは

西陣織とは、多品種少量生産が特徴の、京都(西陣)で生産される先染(さきぞめ)の紋織物の総称です。昭和51年2月26日付で国の伝統工芸品に指定されました。

西陣の織屋は平安朝以降連綿と続いてきた技術とともに、優れたデザインのため創造力や表現力への努力を重ねています。

西陣織ができるまで

西陣織ができるまで

西陣織ができるまでを、各工程ごとに図式にしてご紹介しています。

 

西陣織の品種

西陣織の品種

伝統的工芸品産業の振興に関する法律により指定されている「西陣織」の品種は、全部で12種類。それぞれの工程と歴史を解りやすく解説してみました。

 

西陣とは

「西陣」とは、西陣織工業組合の登録商標で、その生産地域は広いが境界は定かではありません。

西陣という行政区域は特別にはありませんが、西陣織にたずさわる業者がいる地域は、京都市街の北西部に位置し、上京区、北区を中心に、おおよそ南は丸太町通、北は上賀茂、東は烏丸通、西は西大路通に囲まれたあたりを指します。

「西陣」の由来

「西陣」の由来

「西陣」とは何か? 西陣の起こり、そしてその名の由来をご紹介いたします。

 

西陣産業

西陣産業

日本を代表するきものの産地、西陣。その産業はどのように営まれているのでしょうか?

 

西陣織工業組合とは

西陣織工業組合は「西陣織」の拡大発展のため、西陣織の生産加工に携わっている方に、また、消費者の方々に向け、さまざまなPR活動を展開しています。

主なものは「西陣グラフ」「西陣パンフレット」「西陣そぞろ歩きマップ」「西陣おびなび」「西陣年鑑」「証紙番号名簿」などです。

西陣WEB資料室

西陣の歴史

西陣の歴史

西陣の歴史をご紹介します。

 

西陣詳細年表

西陣詳細年表

西陣に関する詳しい年表です。

 

西陣織連載

西陣織連載

当組合が発行しております『西陣グラフ』に掲載された記事を抜粋してご紹介。次代を担う若手有望株の職人さん方の生の声を収録しております。