コロナ対策「持続化給付金」の概要

コロナ対策「持続化給付金」の概要

コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている事業者(法人、個人)に対して、再起の糧となる国の給付金の概要が明らかになりましたのでお知らせします。

給付対象:本年1月以降(今後12月まで)で、前年同月に比べ売り上げが50%以上減少した月がある事業所が給付の対象になります。

給付額:法人200万円以内、個人100万円以内(減少率と前年の売り上げ実績により算出されます。)

給付時期:国の補正予算の成立後(4月下旬以降)に申請給付されます。現在の見込みでは5月ごろの開始かと思われます。

申請準備:昨年(2019年)の確定申告控えと50%減少した月の収入が分かる帳簿等を用意しておいて下さい。

備考:申請は電子申請になりますが、その体制が困難な方に対しては別途申請窓口が設けられる予定です。

 以上、詳細が決まりましたら改めてお知らせします。

                            感染対策にくれぐれもご留意を!

コロナ持続化給付金