miru
manabu
kiru
taikensuru
kau
menuyoyaku

学ぶ -Learn-

資料室をはじめ、ジオラマ展示やビデオ映像を通してお子様から大人まで、西陣織や蚕について広く学んでいただけます。

ジオラマ展示(2F)

img10
imgziorama

蚕(かいこ)の一生、繭(まゆ)から生糸ができるまで、そして絹糸により西陣織ができるまでをジオラマの展示やビデオ映像を通して、お子様から小中学生、大人まで楽しみながら学んでいただけます。

蚕の飼育(2F)

img08
img13

卵が孵化するところから始まり、繭(まゆ)を作るまでの蚕(かいこ)の成長がひと目でわかるように飼育展示しています。

蚕がえさを食べたり、糸をはく様子など間近で観察することができます。

また、まゆから糸を引く「座繰り」の実演も行っています。

純国産絹織工房(2F)

imgjunkokusankinu
img16

今や貴重な存在となってしまった日本産のまゆ・生糸を絶やさないよう純国産の絹製品づくりをしています。まゆから糸、そして、織り上げるまで、すべて当館スタッフが取り組み、オリジナルの温もりのある製品を創作しています。純国産の絹製品には、生産者履歴が表示された「純国産絹マーク」がつけられ、安心の良品をお届けします。

純国産絹100%のオリジナルマフラーはしわにならず、洗濯にも強く、夏涼しく冬暖かい優れものです。手織体験で自分だけのマイマフラーを織ることもできます。
世界遺産登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」がある群馬県とは関わりが深く、西陣織会館tp「群馬県立 日本絹の里」は、姉妹提携を結び、お互いに日本の蚕糸・絹業をPRする施設として情報交換をはじめ、それぞれの産地製品を販売しています。

製造工程紹介(1F)

img11

西陣織の生産には

  1. 企画製紋工程
  2. 原料準備工程
  3. 機(はた)準備工程
  4. 製織工程
  5. 仕上げ工程

の五段階で、15〜20以上の細かい工程があり、その製造工程を写真つきの大きなパネルにて、分かりやすく説明しています。

史料室(3F)

imgshiryou

衣裳、裂地など、西陣織の歴史を物語る貴重な史料を展示しています。

常設展示コーナーでは、指定登録文化財の木製ジャカード機や西陣発展の礎となった明治五年のフランスへの留学と織機買入への出張命令書などを展示しています。